ガリバー 事故車 買取|車種名やグレード走行距離などを

仕事先が決まったお祝いとして、両親に自動車をいただきました。大学を卒業し会社へ行くようになってからは、この自動車に乗って通勤していました。ところが本社へ転勤する事が決まり、車をどう扱ったらよいかを迷っていました。

地方であればクルマは、必須アイテムです。ですが交通網が整備されている都市部においては、クルマを持っていなくてもさして生活に影響や支障といったことは無いでしょう。車を所有すると駐車料金や維持管理まで考えると、費用的な負担が大きくなってしまうので今回をキッカケとして売却して貰う事にしたのです。

職場近くにある、大手買い取り業者さんの店舗があったのでそちらに車を持って行って、査定してもらいました。予想していたよりも安い金額がつけられ、ガッカリしてしまったのでそこでは売らずに、もっと高く買ってくれるところがないかを調べることにしました。

するとネットで査定サイトがあるようなので、見積もりを取って貰う事にしました。車種名やグレード走行距離などを入力し検索すると、複数の査定業者とともに査定見積もりを出してくれます。一括なので入力は1回すればよく、手間を掛けずにできるのは魅力です。こうして調べてみましたが、希望以上の高値だった買い取り業者さんがいましたので、そこへ売却する事にしました。ネットで査定してもらって頂戴した金額は大きかったので、ネットを活用して良かったです。交渉の甲斐もあって、思っていた以上の高額で買い取って頂きました。クルマを売ることがあれば、ネットの査定比較サイトを使ってみることをおすすめします。

ガリバー 事故車 買取|その後ですが喜びもつかの間

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗りたいと思っていたのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。

その後ですが、喜びもつかの間、次々と予想外の問題があり、わずか半年にも満たないほどで手放すことになりました。家の近くのクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。私はこの車を半年前に70万出して買いました。これを計算すると、半年50万程度も資産が減ったことになります。これはさすがに安いのではないかと思い、前に車買い取りを依頼したこともある有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことができたのです。2社の比較ですが6万円の差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、6万円低い額で売ることになった可能性があったのですからまだ助かったと言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていませんでした。そういったこともあって、後日来られる際に輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと反省点として挙げておきます。今度利用する場合には、そのあたりも忘れないようにします。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.