事故車 買取 埼玉|手放す日はいつか来ます

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。寂しい気持ちになり、次に乗る車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らしてコストダウンを図るのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

新車で購入しましたので、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。走行距離は50,000キロ弱、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、多いわけでもありません。車の買い取り見積もりは2社に絞ってお願いし、全て出張査定でお願いしています。このような査定料は無料でした。

自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも査定金額の高い会社に売りたいと思うと思います。でも素人にはこの車の相場というのが判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれに買い取り額を出してもらい比較してみることにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、色々と入力しネット通信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると会社の承認がいるのでチョット待ってほしいといわれました。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと苦笑いしていました。その後すぐに先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

事故車 買取 埼玉|カーショップのようなところに行って

以前乗っていた車は、ボンネットの一部分がなぜか白くなっていました。濃い色のボディの車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかオンボロ車のように見えてしまいます。一応洗っては見ましたが査定をやってもらうと、ボディの一部の色が買い取り査定額に影響があると言われました。カーショップのようなところに行ってボディの色を戻せるものはないかなと探していたら、簡単に艶を出す事が出来るグッズを見つけることができました。すぐにそれを使ってみたところ、ボディはとてもきれいになりました。隣のおじさんには買い替えたのかと言われた程です。

再度買い取りしてもらうための出張査定見積もりをやったところ、前回よりも金額がアップしました。古いものでもありましたからどう出るかと思いましたが、希望よりも高く見てもらえたので嬉しかったです。気にしていたあの部分も影響はなかったようです。白くなってしまっていたところも周りに同化できているし、それまでよりもつややかにする事ができたのが何よりよかったです。

クルマの査定を受ける前には、車の艶を出しておくなどきれいに見えるようにしておきましょう。またボディが白くなっている時等は、ワックスで磨いておくだけでも査定金額に影響するかもしれません。査定額のアップと艶出しの為のアイテムの費用とを良く比較してみて、お得そうだったらやってみるのもアリです。千円くらいの出費があっても、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.