無職 車のローン|中古ではなく新車で購入し

長いこと使ったクルマを売ってしまうときが来ます。愛おしい気持ちになり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた自動車を売却することになり、乗り換えるのではなく所有する車の台数を減らして経費の節約を図るというのが目的でもあったので、買い取り業者にだけ見積もりを出してもらうようにしました。

中古ではなく新車で購入し、49か月目ですから、つまり初回登録から4年経過です。4万キロの走行距離で、1年で割れば10,000キロ程度ですから、過走行車でもありませんし、普通の走行距離だと思います。クルマの買い取り査定は2つの業者にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。

車を買い取ってもらうなら、高額の査定をしてくれるところに売りたいですよね。ですが素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。最初に来た買い取り会社は、担当者がクルマの状況を確認してから持ってきたパソコンで、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それを伝えると上司に相談するので1日お待ちくださいとのこと。

その後もう1社の方が査定に来ましたが、査定額は68万となりました。他では70万以上の査定額だったこと、私の希望額は80万と伝えてみたけど、なかなか難しそうな感じで帰られてしまいました。それからしばらくして先に査定してもらった業者から、78万なら出せますと連絡がありましたので、その業者に売ることにしました。

無職 車のローン|そこで以前ネットで見つけた査定サイトで

私の住んでいる地域はかなり田舎で、車を買い取るだけをやっている業者がないのです。買い取りできるのでは、ディーラーかガソリンスタンドだけです。

5年くらい乗っていた車を売却した時、手間もないので近くのお店で査定してもらいました。その査定結果ですが、可愛がって乗ってきた愛車が30万円という査定にガッカリしました。

そこで以前、ネットで見つけた査定サイトで算定してもらったところ、思っていた以上の高額で売ることができラッキーでした。複数業者の一括査定で査定をお願いすることになった2社は、すべてが広告やテレビなどで見たことのある中古車買い取りの業者さんでした。所用があったため、時間差をつけて査定に来てもらいました。

午後に来てくれた業者のスタッフが元気のある方で、この色のクルマを欲しい人がいるので何とか売って欲しいと言ってくれたのです。査定の結果は40万円と10万円アップだったので、そこで売ろうとすぐに決めたのです。その方は買って帰る気があったのか、輸送できる車で来られていたようでそのまま持っていかれました。

遠くから来てもらってもとイメージしていましたが、地元の業者にしてもらった時より明らかに手間がかかりませんでした。それから、めんどくさいと思う手続きもみんなやってもらうことができ、売却額も高くなるなど、ネットの査定サイトを活用してとてもラッキーでした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.