車のローンの金利|3位は57万程度で

先日初めてクルマの買い取り査定サイトを使って、10社で査定比較をしてみました。これまでは馴染みの買い取り業者に依頼しているので、高額で買い取りしてくれるものだと決め付けていました。

でも実際にいくつかに査定をしてもらって判りましたが、いつも売却している業者はそれほど高くなかったようなんです。それ以上高く引き取ってくれるお店はないと聞いていたので意外なものでした。今までは相場で売却できれば合格と考えていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回引き取ってもらった愛車の相場は52万円だったのですが、複数の業者で査定をしたところその中で一番の高値が70万円を出してくれたのです。相場で売れれば満足できると怒っていたけど、考えてみれば相場というのは高くも安くもない金額のことでした。一括で依頼できる査定をして最高は70万で、2番の業者は68万円でした。3位は57万程度で、差が開いていたので、上位2業者に出張見積もりを依頼しました。概算で1番の業者にそのまま売却しなかった理由は、2社以上と比較しないと安くされそうだと思ったからです。一括見積りサイトにも、最低2社は呼んで比較するのがコツと書いてありました。

そしていざ出張査定を依頼すると、概算で70万と言っていた業者が62万円まで値を下げてきたのです。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万円も下げられたのでびっくりです。でも2番目の業者は、そのままの額でOKと言われたのです。概算では2位だった業者が最高金額となったので、その業者に売却することになったのです。

車のローンの金利|人気のあった車が高くなると思っていたのですが

珍車を買い取り業者に出したところ、予想以上の高値で買い取ってくれました。相場よりもかなり高く買ってもらえたのです。みんなが知っている車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットで調べてみたところ、そこの情報では想像できなかったですが、珍しい自動車は高値が付きやすく売れやすいと書いてありました。他の情報では、認知度が高い車や人気のあるクルマが高く売れるとあったのです。それは国内ではなく海外向けとのことでした。日本のクルマは海外で高い需要があるようです。日本人特有の、物を大切に取り扱う習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の車は世界一と信頼を置いています。

今回の買い取り依頼した車も日本製の車ですが、これはもしかすると外国に持って行くのかもしれないと思うとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても使ってもらえるのはいいですね。

車買い取りの際は、乗り慣れた車を手放す悲しさもありますが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。今どこで走っているのか、どんな所で普段待機しているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

どこにあるのかわかりませんが、何れにせよ我が子の旅立ちを思う気分です。クルマを手離すときには中古車を買いたいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよくなっているのでしょう。

素敵な日本で、これからもまだ使える車が必要としている人に渡っていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.