車のローン保証人|売ることに決めました

就職が決まったお祝いとして、両親に自動車をいただきました。仕事に行くようになってからは、この車を使って職場へ通勤していました。ところが本社へ転勤する事が決まり、車をもっていくかどうかで悩んでいました。田舎であれば自動車は、必要なものであります。ですが交通もが優れている都心部においては、車が無くてもさして生活には支障が出る要素はありません。車を所有すると駐車料金や維持管理まで考えると、金銭的な負担が積み重なってきそうなので今回をキッカケとして売ることに決めました。

自宅近くにあった、中古車販売のお店があったのでそこに持ち込んで、査定してもらいました。結果は予想をはるかに下回る金額がつけられ、ショックのあまりその場では申し込まずに、他の車買い取り業者がないか調べることにしました。

するとネットで査定サイトがあるようなので、早速見積もりを取ることにしました。車種や年式走行距離などマスに入れていくと、いくつかの買い取り業者が査定額を出してくれます。一括で複数の業者に依頼できるので、簡単ですし手間も掛けずにできるのは魅力です。調べた結果、一番高値をつけてくれた買い取り業者があり、そちらに売却することにしました。

実際に査定して頂戴した金額は大きな差がありましたので、ネットを活用してホント良かったです。交渉の結果、思っても見なかった高値で買ってもらえました。クルマを売ることがあれば、無料の査定サイトを活用することをオススメしますよ。

車のローン保証人|別途輸送費がかかってしまいました

今回売却した自動車は1年ほど前に買った中古車です。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そこで良さげな中古を探しまくっていたら、家から離れたところの中古車屋さんで見つかりました。

しかしその後、乗って楽しかったのは少々、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで売却することにしました。近くにある車買い取り業者に査定を依頼したところ、よく頑張っても相場以下の20万円らしいです。

私は約6ヶ月前にこの車を総額70万で買いました。これを計算すると、半年間で約50万も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、友人が売っていた知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。その結果、26万円で買い取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはありませんが、複数社に査定してもらわなければ、それ以上に安く売ることになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりになっていましたが、業者さんの思惑と違っていたようで、自動車を運ぶような準備をしていませんでした。ですので、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、最初から言っておけばよかったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.