車のローン審査|出してくれました

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを売却しようと考えていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、思いのほか安かったし、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になっています。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことはなかったですが、はじめて車一括査定サイトを利用して見たところ、その査定額の差にビックリしました。結局下取りは依頼しないことが決定し、専門の買い取り業者に売ることになりました。

実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。最初は76万の業者に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトには3社程度は立会で見積もりをしてもらったほうがいいと記載されていました。

3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、本当の査定額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、参考的なものであり確定額ではありません。そこで早速3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

査定から売却手続きまでは1時間くらいと言われていたので、集中的に出来る日に査定見積もりをしてもらいました。査定の結果、ネット査定額2位の査定士さんが1位の業者を追い抜き、最高金額を出してくれました。ネットでは70万を超えない金額だったのですが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万になったのです。

車のローン審査|2社にお願いし全て出張査定でお願いしています

長い年月使用した車を手放すことになる日は必ず来ます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車が楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、買い替えせずに所有台数を抑えて経費の節約を図るというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、初回の車検をやってから1年だから、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、過走行車でもありませんし、平均的な走行距離です。買い取り査定は2社にお願いし、全て出張査定でお願いしています。もちろん査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、高額の査定をしてくれるところに売りたいと思うと思います。ですが素人には乗っている車の査定相場がわかりませんので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。

始めに来た業者は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てから持ってきたパソコンで、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定結果は70万円でした。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、67万という金額でした。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、当社ではかなり厳しいと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ最初に査定をお願いした会社から、78万でどう?と連絡が来ましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.