車のローン いくら|手放さないといけない時があります

これまで使っていた自動車を手放さないといけない時があります。寂しい気持ちになり、次に乗る車が楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーとして所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は買い替えせずに所有台数を抑えてコストダウンを図るのが目的だったので、中古車買い取り店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離はだいたい40000キロ、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、平均的な走行距離です。自動車の査定は2社に絞ってお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料は無料です。車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社に売却したいものです。でも素人にはこの車の買い取り相場が分からないので、2社に一括でお願いし、それぞれの査定見積もりを比べてみたいなと思いました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が一通り自動車の状況を見てからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してからネット通信していました。査定額の結果は71万弱。私の希望は80万くらいだったので、それをスタッフさんに伝えると社長に聞いてみるので1日お待ちくださいとのこと。翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、査定額は68万となりました。別会社の査定額が高かったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと撤退されてしまいました。その直後にタイミングよく先に査定してもらった業者から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

車のローン いくら|ネットで検索しながら

これまで乗っていたクルマを売却することになりました。車を買い替えるときにはディーラーに下取りをしてもらうしかないと思い込んでいたのですが、世の中にはその他の方法もあるようだとその時知りました。それが車買い取りでした。

初めてやることですから、何がどうなのかわかりませんでした。ネットで検索しながら、手続き方法を見つけました。まずはよく見る複数の業者に申し込めるサイトを表示させてからと判ったので、そこを見つけて、そこで一括査定を申し込みました。その結果をもとに、実際に来てもらう業者をどうするのか家族で相談したのも覚えています。

これまで両親が自動車を買い替えているのは見ていましたので、どれくらいの価格で下取りされていたかは知っていたのです。私の乗っていた車のメンテやボディの状況や状態から、実はそれほど高く買い取ってもらえる訳がないとイメージしていましたが、実際は違っていました。イメージよりも高額査定となりました。

もしも下取りだったらどれくらいの値段が出されるか、ディーラーに聞きに行ってきました。その結果なのですが、車買い取り専門店2社と変わらない額でした。しかし多くはそれ以上の金額で買ってくれる業者もいましたので、私はその買い取り専門業者にお願いする事にしました。初挑戦のことでしたが、順を追ってやっテイクだけで、私でも簡単に手続きなどをやることができました。比較したので高く買ってもらう事が出来たお陰で、次の自動車を買い変える時の費用も抑えることができましたし私としてはやってよかったと思っています。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.