車のローン 労金|そこで試しに下取りだったら

今使っている車を乗り換えることになりました。私はいつも買い替えの時はクルマのディーラーに下取りをしてもらうしかないと思う以外発想がありませんでしたが、世の中にはその他の方法もあることをこのとき知りました。それが買い取り専門業者でした。初めての経験なので、何がどうなのかわかりませんでした。ネットでコツコツ調べながら、手続きを進めていきました。まずは聞いたことのある複数の業者に申し込めるサイトを表示させてからと判ったので、それを調べて、そこから査定の申し込みをしました。その結果から、どの業者に来てもらうかを家族で相談したのも覚えています。何度か両親がマイカーを買い替えしているのは見ていましたので、どれくらいの査定額で売っていたのかは判っていたと思います。私が使っていた車の年式や車の使用状態などから、それほどは高く買い取りすることもないと考えていましたが、予測は外されました。予想以上の高い査定額になりました。そこで試しに下取りだったらどれくらいの金額になるか、ディーラーさんで伺ってきました。その結果なのですが、車買い取り専門店2社と同程度でした。とはいえそれ以上の査定で買ってくれる業者もいましたので、その業者に買い取りを依頼しました。

初めての体験でしたが、ネットで調べながらやれば、申し込み手続きもやれました。思ったよりも高く売ることが出来たお陰で、車を買い替える時の出費も抑えることができたのでやってみよう行動して良かったです。

車のローン 労金|しかしその後喜んで乗り始めたのは良かったのですが

今回売ったクルマなのですが1年ほど前に買った中古車です。以前から外国産の車に憧れていたのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を探していましたが、職場の近くにある中古車屋さんで見つかりました。

しかしその後、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、トラブルが次々発生し、わずか半年にも満たないほどで買い替えを考えました。近くにあるクルマ買い取り専門店に査定を依頼したところ、多めに見積もっても相場以下の20万円らしいです。

この自動車は半年前に約70万で購入したのです。計算したくもありませんが、半年で50万円も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、以前車買い取りをしてもらった知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万円で買い取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万の差が生まれるようです。

それでも44万円目減りしたことには変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、さらに6万円も安く売却するはめになっていたかもしれないのですから助かります。

そのまま引き取ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く段取りはされていませんでした。ですので、後日来られる際に別途輸送費がかかってしまいました。本当に売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと後悔しています。次回があれば、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/10 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.