車の売却に必要な書類|コストダウンを図るのが

これまで使っていた自動車を手放す日はいつか来ます。もの悲しい気分にもなり、そして次のクルマが楽しみな気分でもあったりします。セカンドカーのように使っていた軽自動車を売却することになり、今回は買い替えせずに所有台数を減らしてコストダウンを図るのが目的でもあったので、買い取り専門店にだけ見積もり査定をお願いしました。

中古ではなく新車で購入し、車検を1回と1年だから、つまり新車登録から4年経過です。走った距離は約4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、特に多いわけでもありませんし、平均的だと思います。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。査定料はもちろん無料です。車を買い取ってもらうなら、少しでも査定金額の高い会社に売りたいものです。ただ素人の私には自分が乗っている自動車の査定相場がわかりませんので、今回2つの会社にお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較してみることにしました。先に来た買い取り専門店は、査定をする方が車を一通り確認したのち持ってきたパソコンで、色々と入力し送信していました。結果は71万円と言われました。こちらの希望額は80万ですから、そのように伝えてみると本社の許可がいるので帰ってから返事をするとのことです。

翌日に違う会社の方が査定に来ましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと苦笑いしていました。その直後にタイミングよく最初の査定をしてくれた人から、78万なら出せますと連絡がありましたので、そちらで買ってもらうことにしました。

車の売却に必要な書類|大体どれくらいの金額で

今使っている車を乗換することになりました。車を買い替えるときにはディーラーさんで下取りをやってもらえばよいと思い込んでいたのですが、実際にはそれ以外の方法もあるのだという事をこのとき知りました。それが一括査定でした。

ただ初めての事だったので、何がどうなのかわかりませんでした。ネットを使って調べながら、手続きを進めました。まずはよく見る複数の業者に申し込めるサイトを決めることにし、それを調べて、そこから査定の申し込みをしました。その概算査定結果を見て、どの業者に来てもらうかを決めました。これまで両親が自動車を買い替えているのは見ていたからもあり、大体どれくらいの金額で売却していたのかは知っていたのです。私が愛用していた車の走行距離や年式車体の状況などから、相場よりも高く買い取りすることもないと思っていましたが、現実を知らなさ過ぎました。想像以上の査定額となっていたからです。

そこで試しに下取りだったらどれほどの見積もりになるか、ディーラーまで行って聞いてきました。その結果は、車買い取り専門店2社と同程度でした。ただそれ以上の金額でも見積もりしてくれるところもあったので、その業者に買い取りを依頼しました。

初めてだったけど、順に入力していくだけで、私でも簡単に手続きなどをやれました。高く買い取ってもらう事ができたため、次の車に買い替えるときの出費も減ったので私としてはやってよかったと思っています。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.