車の売却 必要書類|言われた程ですそこでもう一度

これまで乗っていたクルマは、ボンネットの目立つ部分がなぜか白くなっていました。濃い色の車だったのですが、その白さが目立ってやけにボロボロな車に見えてしまいます。一応洗車をして査定をやってもらうと、やはりボンネットのあの部分が査定額に影響があるようです。

カーショップに行ってボンネットの白色を戻す事は出来ないか見ていた所、簡単に艶を出す事が出来る商品を店員さんに教えてもらいました。早速それを気になる部分に塗った所、ボディはとてもきれいになりました。それを見た人からいくらかかったと言われた程です。

そこでもう一度査定を受けた所、前回とは見違えるくらいアップです。古いものでもありましたからどんな結果になるのか心配でしたが、思ったよりも高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども特に指摘もありませんでした。白くなりかけていたところも周りに同化できているし、それまでよりもより一層キレイな感じにすることができたのが何よりよかったです。

自動車の買い取りを利用する前には、なるべくボディを綺麗にしておきたいですね。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどの艶出しで手入れしておけば査定金額に影響するかもしれません。査定見積もり額のアップと輝きを出すためのグッズ代と手間を良く比較してみて、お得そうだったらキレイにするのもありですね。今回は1,000円くらいの出費で、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

車の売却 必要書類|憧れていたのですが

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで質の良い中古車を探していましたが、遠方にある知り合いの中古自動車販売店で見つけました。しかし、喜びもつかの間、トラブルが次々発生し、とうとう半年で売ってしまうことになりました。近くにある車買い取りショップに無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万とのことです。このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年で50万円も資産が減ったことになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り専門店に無料査定を依頼しました。査定の結果としては、26万円で買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万の価格差がありました。

それでも44万減った事実に違いはありませんが、2社で査定しなかったら、6万円低い額で売却するはめになっていたかもと思えばまだ助かったと言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりでありましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、クルマを引き取るような段取りはされていませんでした。そんなこともあり、後日の引き取り時に輸送費を引かれてしまいました。もし本気で買い取りをしてもらうつもりなら、ハナから言っておくべきだと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.