車の売却 確定申告|車査定買者とくらべてみても

新型モデルの登場と同時に、今のクルマを乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りに出す予定でしたが、思いのほか安かったし、車査定買者とくらべてみても15万くらい安くなっていました。

それまで下取りしかやっていませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その金額差におどろきました。結局ディーラーへの下取りはやらないことにして、買い取り専門店に売却しました。

実際車買い取りサイトなどで比較検討したところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万円~76万円まで色々な評価があることがわかりました。当初は最高額の業者さんに売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは2-3社には出張査定を受けたほうが良いですよと記載されていました。3社での見積もりが必要な理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額が判るからだと思います。ネット上で判る査定額は、目安でしかなく詳細は車によって異なります。早速複数の買い取り店に連絡を取り、来てもらったのです。査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、集中的に出来る日に査定見積もりをしてもらいました。査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高の査定額を提示してくれたのです。ネットでは68万円という金額でしたが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万まで増額してくれたのです。

車の売却 確定申告|8万円も違うのかとビックリしました

初めてで不安感もありましたがクルマの買い取り査定サイトを使って、いくつかの業者で比較してみました。いつもは近所の業者に買い取ってもらっているので、高額で買い取りしてくれるものだと信じていました。

しかし実際にいくつかに査定をしてもらって判りましたが、いつも売却している業者はそれほど高くなかったようなんです。それ以上高く買い取るようなところはないと話していただけに残念でした。これまでは相場で売れたら大成功だと思っていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回引き取ってもらったクルマの相場は約50万だったのですが、一括の見積もりを取ったところ一番高額な業者は70万円を提示してくれました。世間相場の額なら満足でしょうと思っていましたが、相場ってことは高くも安くもない金額のことでした。

一括で依頼できる査定をして一番は70万の業者で、2位の買い取り業者は68万までとのことでした。3番目は57万円らしく、かなり値が下がったので、第一位と二位の業者に出張見積もりを頼みました。最高額の業者にそのまま頼まなかったのは、2社以上と比較しないとなめられてしまうかもと思ったからです。ネットの情報でも、複数業者に出張を依頼して比べると差がわかると書いてありました。

出張査定の時には、当初70万円を出してくれた業者が62万円まで値を下げてきたのです。キズ・ヘコミが多いという理由でしたが、8万円も違うのかとビックリしました。でも2番目の業者は、そのままの額でOKと言ってくれました。概算見積もりは2番だったけど一番高値を付けてくれたので、その買い取り業者に売りました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.