車の売却 車売却|私はいつも買い替えの時は

これまで使用していた車を買い替える事になりました。私はいつも買い替えの時はディーラーでの下取りをしてもらえばよいと思う以外発想がありませんでしたが、他にも方法があるようだと聞きました。それが車買い取りでした。

まだやったことの無いことだったので、何がどうなのかわかりませんでした。ネットの画面を見ながら、手続きを進めていきました。まずは評判の良さそうな一括で査定が依頼できるサイトを表示させてからと判ったので、査定サイトを調べ、そこから査定の申し込みをしました。その結果を見て、どこで買い取ってもらうかを選ぶことになりました。

これまで何度か親が自動車を買い替えているのは見ていたので、どれくらいの交渉の後で下取りされていたかは知っていました。私が使用していた車の年式・走行距離・ボディの状況を考えても、相場よりも高く買ってはもらえないとイメージしていましたが、現実を知らなさ過ぎました。思っていた以上の見積もり額を提示されました。

そこで試しに下取りだったらどれくらいの価格になるか、ディーラーに聞いてみました。その結果は、車買い取り業者の2社と大体同じ位でした。しかしそれ以上の査定額で買ってくれるという業者があったので、その買い取り専門店にお願いしたのです。初めてだったけど、順番に一つずつ作業を進めて行った所、申し込み手続きもやれました。高額で買い取ってもらうことができたため、次の愛車を購入する時の費用にも充てられたので私としても満足できました。

車の売却 車売却|ですが乗って楽しかったのは少々

売却した車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を探していましたが、職場の近くにある中古車販売のお店にありました。ですが、乗って楽しかったのは少々、あれもこれもと故障がでてしまい、半年少々で手放したくなりました。職場の近くの自動車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よく頑張っても20万円にしかならないというのです。私は約6ヶ月前にこの車を購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、半年50万程度も失ったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、友人が売っていた大手の買い取り業者に無料査定を依頼しました。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。地元と大手とでは6万円の差がありました。

それでも44万減った事実に違いはないのですが、複数社に査定してもらわなければ、それ以上に安く手放すことになっていた可能性もあっただけにまだ助かったと言えます。

この状態で持っていくつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、車を持って行く考えではなかったようです。そういったこともあって、後日来られたときには輸送料として減額されてしまいました。本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次回があれば、そのことも覚えておこうと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.