車買取査定書|新車は高すぎて買えません

今回車買い取りをしてもらった車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗ってみたかったのですが、新車は高すぎて買えません。そのため中古で良質な車を探していましたが、家から離れたところの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかしその後、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、半年少々で売却することにしました。まずは近隣のクルマ買い取り専門店に無料査定をお願いしましたところ、よく頑張っても20万とのことです。私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。この状況を端的に言えば、半年50万程度も消化してしまったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、少し前に買い取りしてもらった有名な買い取り業者に査定の依頼をしました。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万円の差になったみたいです。とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、別の業者で査定をしなければ、さらに6万円も安く手放すことになった可能性があったのですから助かりました。そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車を持って行く感じではありませんでした。その為、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もしもホントに売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも注意したいと思います。

車買取査定書|イメージよりも査定額となっていたからです

それまで乗っていた車を乗り換えることになりました。自動車の買い替えをする場合はディーラーでの下取りをしてもらうものだと思っていましたが、他にも方法があるようだと教えてもらいました。それが無料の査定比較サイトでした。

まだやったことの無いことだったので、どうしたらよいのかわかりません。ネットでコツコツ調べながら、手続きを進めていきました。まずは人気のありそうな無料の一括査定サイトを調べてからだと知ったので、それを調べ、そこで見積もり依頼をしました。そして次に結果を見て、どの業者に来てもらうかを選んだのです。

これまで両親が自動車を買い替えているのは見ていましたので、どれくらいの交渉の後で下取りされるのかは知っていたのです。私の乗っていたクルマの年式やクルマの状況などから、希望額ほど高く買ってはもらえないと思っていたんですが、予測は外されました。イメージよりも査定額となっていたからです。

そこで試しに下取りだったらどれくらいの金額になるか、ディーラーさんで伺ってきました。その結果なのですが、クルマ買い取り業者の一部とほぼ同じくらいとなりました。とはいえそれ以上の査定で見積もりしてくれるところもあったので、その業者にお願いしました。

初めての体験でしたが、順番に一つずつ作業を進めて行った所、手続きなどは簡単に進められました。高額で買い取ってもらうことができた関係で、次の車に買い替えるときの出費も減ったので私としても満足できました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.