車買取査定 方法|新車は手が届くレベルではありません

売却した車は少し前に中古で買った車でした。ずっとスポーツタイプの車に乗ってみたいと思いましたが、新車は手が届くレベルではありません。そのため良質の中古車を探していましたが、遠方にある知り合いの中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、半年少々で売却することにしました。家の近くの車買い取り業者に査定を依頼したところ、せいぜい20万円が相場だそうです。

私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。単純計算では、約50万円を半年で失ったことになります。これは満足いくわけもないので、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万円で買い取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万もの差が出たのです。それでも44万円減ったことには変わりはありませんが、2社目で査定してもらってなければ、6万円低い額で手放すことになっていたかもと思えば助けられたとも言えます。

そのまま引き取ってもらうつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、クルマを持って帰るような準備をしていませんでした。そんなこともあり、後日来られる際に輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初から言っておけばよかったと思い直しています。次に利用する時は、そのあたりも注意したいと思います。

車買取査定 方法|複数の業者に査定してもらう理由は

お気に入りの車種の新モデルと同時に、今のクルマを売却しようと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車買い取り業者と比較しても15万円も安い金額になっていました。

今までは下取りしかやっていませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを活用してみて、その金額の違いに驚きました。それにより下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に売ることにしたのです。

クルマ買い取りのサイトで差を見てみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。8社で査定を受けたのですが、30万から76万まで金額に上下が大きかったです。一番高値の専門業者にお願いすることも考えましたが、買い取りサイトには3社程度は出張見積りを受けたほうが良いと書かれていました。

複数の業者に査定してもらう理由は、実際に目視による査定を受けることで、実際に買い取ってもらえる額が判るからだと思います。サイトでの評価額は判りますが、参考値でしかなく決定額ではありません。そこで3社に出張依頼をして、お出でいただいたのです。出張査定の時間は1時間程度と言われたので、土日など休みの日に査定をお願いしました。査定の結果、概算査定額2位のお店が1位の査定額を抜いて、一番高い金額を出してくれました。比較サイトでは70万未満の金額でしたが、76万を提示してくれた業者があったことを伝えてみると、78万まで増額してくれたのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.