車買取査定 特徴|相場がまったく判らないので

長いこと使ったクルマを手放す日はいつか来ます。なんだか切ない気分にもなり、次に乗る車が楽しみという気分でもあるでしょう。たまに使っていた軽自動車を売却することになり、買い替えせずに所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的でもあったので、中古車買い取りを専門としている業者に見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、つまり4年経過ですね。走った距離は約4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、普通の走行距離だと思います。自動車買い取り査定は2つの業者にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。自動車を買取ってもらうならだれでも、少しでも高く見積もってくれるところに売却したいものです。ですが私のような素人には自分が乗っている自動車の相場がまったく判らないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれの査定見積もりを比較してみることにしました。最初に来てくれた買い取り業者は、担当者がクルマの状況を確認してからタブレット端末で、いろいろな項目に入力しデータ通信しています。査定結果は70万円でした。私の希望は80万くらいだったので、その旨を伝えると会社の承認がいるので帰ってから返事をするとのことです。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、うちではその額は難しいと苦笑いしていました。その直後に先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

車買取査定 特徴|査定金額に大きな開きがありました

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを売却しようと考えていました。買い替え時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、買取専門店と比較すると15万程度も離れた額になりそうでした。

これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、はじめて車一括査定サイトを利用して見たところ、その金額の違いに驚きました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、買い取り専門業者に売却する話となりました。

車一括査定サイトで差を見てみたところ、査定金額に大きな開きがありました。複数の業者で査定を受けましたが、31万円から76万円まで査定額にバラつきがありました。初めは一番高い額の買い取り業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも2社できれば3社には出張査定を受けたほうが良いですよと書いてあったと思います。

複数の業者に査定してもらう理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額がわかるからだそうです。ネット上で判る査定額は、目安でしかなく詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらったのです。

査定に必要な時間は1時間くらいと言われていたので、休日にまとめて査定見積もりをしてもらいました。目視での査定の結果、サイトで見た査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を提示してくれました。ネットでは70万を超えない価格でしたが、5万以上高い業者がいることを伝えると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/14 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.