車 情報 サイト|カーショップに行って

以前乗っていた車は、ボンネットが白い感じがしました。ボディは白ではなく濃い感じの色でしたが、その白くなっているのが影響してやけにボロボロな車に感じてしまいます。洗車をしてから査定に持って行った所、ボディの一部の色が買い取り査定額に影響があるようです。カーショップに行ってボンネットの色を戻せないか考えていたところ、簡単に艶を出す事が出来る商品がありました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、とてもピカピカになったのです。親父からはいくらかかったと言われた程です。もう一回無料査定を受けたところ、前回よりも金額がアップしました。古いものでもありましたからどう出るかと思いましたが、考えていたよりも高く評価されたので良かったです。勿論ボディの色に関しては何ら指摘される事はありませんでした。白っぽく感じた色も元々の色に戻す事が出来、それまでよりもより一層ピカピカにすることが出来ました。

自動車の買い取りを利用する前には、ボディを磨いておくなど綺麗にしておく事をお勧めします。ボディカラーが気になる場合は、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定見積もり額にも影響あると思います。査定額のアップと艶出しの為の手間などを比較してみて、お得そうだったらやってみるのもアリです。1000円程度のワックスで、数万円の査定アップになりました。

車 情報 サイト|査定担当者が自動車を見てから

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて所有台数を減らしてコストを減らそうというのが目的だったので、クルマの買い取り専門店に見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走行距離はだいたい40000キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車扱いにはなるはずも無く、平均的な走行距離です。自動車の査定は1社では不安なので2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料は無料です。

誰だって車を買い取ってもらう時は、少しでも査定金額の高い会社に売却したいものです。でも素人にはこの車の相場がまったく判らないので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比較してみることにしました。最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからノート型のパソコンを使って、いくつか入力してから送信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望額は80万ですから、その旨を伝えると会社の承認がいるので1日待ってほしいとの事です。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、68万円という金額を提示されました。昨日の査定が70万円だった事、希望額は80万と言ってみましたが、かなり厳しい金額だと白旗を挙げられてしまいます。そんなこんなと時間が過ぎたころ先に査定してもらった業者から、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、その業者に売ることにしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/12/12 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.