車 情報 シエンタ|複数の業者に査定してもらう理由は

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを引き取ってもらおうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万円も安い金額になっています。これまで下取りだけしか利用していませんでしたが、はじめて車一括査定サイトを活用してみて、その査定額の差にビックリしました。そんなわけで下取りはやめる方向とし、自動車買い取り店に売ることにしたのです。車一括査定サイトで差を見てみたところ、査定額にものすごい差がありました。7社に査定してもらいましたが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。初めは一番高い額の買い取り業者に売ることを考えましたが、このサイトには3社程度は訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていたのです。複数の業者に査定してもらう理由は、実際に観てもらうことて、はっきりした査定額がわかるからだそうです。サイトでの評価額は判りますが、目安的なものであり詳細は実車しだいです。そこで3社に出張依頼をして、来てもらったのです。

出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位の買い取り業者が1位の査定額を抜いて、最高金額を提示してくれたのです。ネットでは70万を超えない価格でしたが、76万円の業者がいたことを知らせてみたら、78万まで増額してくれたのです。

車 情報 シエンタ|ネットの車買い取りサイトを使って

今までしたことはありませんでしたがネットの車買い取りサイトを使って、10社で査定比較をしてみました。いつもは知り合いの業者に売却しているので、高めに買ってくれていると決め付けていました。

しかし実際は複数社に査定してもらってわかったのですが、いつもの業者は高くはありませんでした。そこよりも高い値段で買い取るようなところはないと話していたので意外でした。相場以上であればバッチリと思っていましたが、もっと高く売れることがわかったのです。

今回売った愛車の相場は52万円だったのですが、複数の業者で査定をしたところ一番高額な業者は70万円を出してくれたのです。相場以上なら満足できると怒っていたけど、考えてみれば相場というのは安くはないというだけです。

見積もり比較をして最高額は70万円であり、第二位の業者は68万円でした。3番目は57万円らしく、差があったので、上位2業者に出張査定見積もりを依頼しました。概算で1番の業者にそのまま依頼しなかった理由としては、複数の業者に競わせないと足元を見られると思ったからです。ネットの情報でも、最低でも2社とは比較しないとダメと書いてありました。

出張して見積もってもらったら、概算で70万と言っていた業者が62万程度の査定額になりました。凹みが目立つとの理由でしたが、8万も差があるのですね。しかし最初に68万と言っていた業者は、そのままの金額でいいと言ってくれました。2番目の業者が一番高値となったので、その業者に売却することになったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/09/24 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.