車 情報 ツイッター|引き取ってもらおうと思っていました

お気に入りの車種の新モデルと同時に、所有している自動車を引き取ってもらおうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取ってもらう予定でしたが、期待した査定額とは離れており、車買い取り業者と比較しても15万円も安い金額になりそうでした。

今までは下取りしか利用したことがありませんが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その価格差に驚いたものです。こういった現実を知った以上下取りは依頼しないことが決定し、自動車買い取り店に売却する話となりました。

クルマ買い取りのサイトで比べてみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。8社で査定を受けたのですが、30万から76万まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトでは2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書かれていました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、査定士さんが目視することで、確定の査定額が判ります。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考にはなりますが詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらったのです。

査定の時間は1時間もあればとのことでしたから、土日など休みの日に査定をお願いしました。査定見積もりの結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の業者を逆転して、最高額の金額を出してきました。比較サイトでは70万未満の査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者がいたことを知らせてみたら、78万まで増額してくれたのです。

車 情報 ツイッター|どんな場所でスタンバイしているのかなど

珍しいクルマを買い取りに出したら、思わぬ価格で買い取ってもらえました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気のある車が高いものと思っていました。

ネットで調べたところ、そこにある情報ではその予測に反した通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取るとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気の車種が高く売れるとあったのです。それは国内ではなく特に海外においてという話でした。

今日本の車は海外では人気が高いです。日本人特有の、大切に扱う習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の自動車は世界レベルと信頼しています。

今回の車買い取りを依頼したのも国産メーカーの車ですが、想像すると外国で使ってもらえるのかもと思ってみるとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

車買い取りの際は、乗り慣れたマイカーを手放す寂しさもあるのですが、高値の買い取りやこの車を次に乗る人を想像する楽しさがあります。もしかなうのなら誰が買ったのか知りたいと思います。今どこを走り、どんな場所でスタンバイしているのかなど、車買い取りの後もよく考えます。

もしかして外国かもしれませんが、どこであっても可愛がっていた車なのです。車を売り渡すときには中古車を購入したいとするお客さんが来ていて、需要と供給がバランスよく取れているんでしょうね。

素敵な日本で、これからもまだ使える車が必要としている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.