車 情報 ランキング|そこで複数の業者に連絡をして

新型モデルの登場と同時に、買い替えのためにマイカーを売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りをお願いしようと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万円以上も安い額になっていました。

これまで下取りだけしか利用したことはなかったですが、初めて無料の一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額の違いに驚きました。結局下取りはやめる方向とし、専門の買い取り業者に売却する話となりました。

実際車買い取りサイトなどで差を見てみたところ、査定金額の差が大きいことが判りました。8社で査定を受けたのですが、30万円~76万円まで色々な評価があることがわかりました。当初は76万円の業者1社に売却しようかと思ったのですが、買い取りサイトでは複数の業者に出張見積りを受けたほうが良いと書かれていたのです。

3社での見積もりが必要な理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、目安的なものであり詳細は車によって異なります。そこで複数の業者に連絡をして、来ていただきました。

査定の時間は1時間くらいと言われていたので、土日に集中的に査定してもらうことになりました。査定見積もりの結果、ネットで表示された査定額2位の買い取り業者が1位の業者を逆転して、最高金額を提示してくれました。ネットでは68万円という査定金額だったのですが、それよりも高い査定の業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

車 情報 ランキング|わずか2社の比較でしたが

買い取りしてもらったクルマは昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたかったのですが、新車はとても無理でした。そこで良い中古車はないかと探していたところ、職場の近くにある中古自動車販売店で見つけました。

ですが、喜んで乗り始めたのは良かったのですが、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年で買い替えを考えました。家の近くの車買い取り業者に無料査定をお願いしましたところ、最大限頑張っても20万円が相場だそうです。

私はこの車を半年前に総額70万で買いました。この状況を端的に言えば、半年間で約50万も消化してしまったことになります。いくらなんでも安すぎでしょうと思い、知り合いが売却していた有名な買い取り専門店に比較のために査定をお願いしました。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことができました。わずか2社の比較でしたが6万の価格差がありました。とはいえ40万円以上目減りしたことに違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで手放すことになった可能性があったのですから助かります。そのまま引き取ってもらうつもりになっていましたが、業者さんは査定のみと考えていたようで、自動車を運ぶような考えではなかったようです。そういったこともあって、後日取りに来てもらうため輸送料として減額されてしまいました。もし本気で売るつもりならば、はじめからそう言っておけば良かったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/11/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.