車 情報 2017|決定額ではありません

新型モデルの登場と同時に、買い替えのためにマイカーを乗換のため売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、期待していた査定額にはならず、クルマの買い取り店と比べると15万円以上も安い額になっていました。

これまで下取りだけしか利用していませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額の違いに驚きました。結局ディーラーへの下取りは止めることにして、車買い取り業者に売却する話となりました。

クルマ買い取りのサイトで比べてみたところ、査定額にものすごい差がありました。7社に査定してもらいましたが、30~76万まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトでは3社程度は訪問見積もりを受けたほうがいいと書かれていました。

3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、はっきりした査定額が判るからです。サイトでは概ねの金額は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらったのです。売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定を受けることにしました。目視での査定の結果、サイトで表示された概算査定額2位のお店が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の金額を出してきました。ネットでは70万を超えない査定金額だったのですが、76万を提示してくれた業者が存在したことを匂わしてみると、78万円まで増額してくれたのです。

車 情報 2017|車を掃除するなど

これまで乗っていたクルマは、ボンネット部分が白い感じがしました。濃い色のボディの車だったのですが、その白い部分が際立ってしまい安っぽい感じの車に感じてしまいます。一応洗っては見ましたが査定してもらいに伺ったところ、ボンネットの白さが買い取り査定額に影響を与えるという事を聞きました。ショップに行ってボンネットの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディの艶を出すようなアイテムを見つけました。気になっていたあの部分に塗ったところ、驚くほどキレイになりました。母親から買い替えたのかと言われました。

再度車買い取りの為の査定に出したところ、前回とは見違えるくらいアップです。年数も経っている車なのでどうなってしまうのかと思っていましたが、思いよりも高く評価されたので良かったです。無論色についても特に指摘もありませんでした。白く感じたボンネットも周りに同化できているし、それまでよりもキレイな感じにすることが出来たから良かったのかなと思います。

車買い取りを利用する時は、車を掃除するなど綺麗にしておかないといけませんね。またボディが白くなっている時等は、ワックスを使って綺麗にするだけでも査定額が上がるかもしれません。査定額がアップすることとつややかにするためのグッズ代と手間を比較するなどして、得な気がしたら手入れするのも良いと思いませんか。私の場合は1000円弱の出費によって、査定額は数万円アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2017/03/27 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2017 車の売却 All rights reserved.